05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.10/03(Mon)

DS小野’11.10.02

久しぶりにいい天気の中でトレーニングできました。

今日は今後の大会に向けての脚側のチェック&各科目(停座や立止などです、念のため)のチェックをしました。

そして、最後はもちろん臭気選別です。

最近は、3〜5回実施したら練習は終わり。というパターン。今日もご同様です。5回やりました。

1・2回目はいつもどおり、布にゴシゴシと臭いをつけて。

3回目は3回しごいて、4回目は2回、そしてラストの5回目は1回だけしごいての選別作業でしたが、しっかりと鼻を使って

全て選別成功しました。

地味〜に精度が上がっています。GD1の受験も決心したので、更に精度を上げていきたいです。

(紙鉄砲でも効果がありそうです。夜、試してみました。パーンと鳴ったらびびってました(笑)。)



その後アジ練です。・・・でも、その前に、、、

アヴィと同い年のドーベルマンのT.T君が、アジリティ大会の出陳をやめる事を(つまりアジリティ引退を)決めたそうです。

今後は、楽しむアジを続けつつ服従を頑張るそうです。
ステッカー
という事で、いつの間にか引退記念のステッカーがアヴィ家の車に貼ってありました(笑)

練習が終わって帰宅しようと車に乗り込もうとした時、薄明かりの中“ペカーー!!”と光るドーベルマンのステッカーに気付きました。

油断なりません。このステッカー、アジは任せたと言うことだそうです。

任せられても・・・ねぇ、、、アヴィですよ(爆)

今日のアジは、タカミちゃんと2匹だけ。疲れました。タカミちゃんの写真・動画ともにありません。

動画はハンドリングミスでトンネルの奥の入口に入れるはずが、手前の入口に入っちゃってドボン。。。と、その後のやり直しの成功です。



コース設計の罠に見事にハマってます(哀)



その直後の再挑戦。見事に修正出来ています(自画自賛)。

スポンサーサイト
00:19  |  臭気選別トラの穴  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/27(Tue)

hurdleとパァ〜ンatDS小野'11.09.25

この日は、久しぶりに服従の練習をみっちり。脚側行進が最近怪しいので・・・40分程頑張って貰いました。

紐付き脚側行進、紐無し脚側行進、伏臥及び立止、停座及び称呼、行進中の伏臥、同立止、同停座、全て甘くなってきたアヴィ。

とってもマズイです。ポイントが欲しいと思っているのにコノ状態は本当にマズイです。

練習を真面目にしなければ


更に障害飛越と休止の練習。
IMGP2896s.jpg IMGP2897s.jpg IMGP2904s.jpg IMGP2901s.jpg
はじめのうちは、ハードルの延長で、跳んだら“次は何処?”ってなってましたが、兎にも角にも形になりました。

休止は5分きっかり、しっかりとできました。

休憩を挟みながら、この後も脚側行進の練習を続けました。久しぶりの服従練習で時間いっぱい使ってしまって、

今日は臭気選別の練習は無し。

その代わり銃声確固性の確認(練習?)やりました。

後ろで、先生がスターターピストルを鳴らしています。確固性なのでちょっとは気にしつつもビビったりしないのが、正しい姿勢です。

しかしながら、ビビっています・・・逃げないだけましですが。。。

まぁ、初めてなのでこんなもんでしょ(笑)

紙鉄砲でパーンってやったら少しは慣れるかな?

アジ練は直線ハードル。角度が段々とキツくなってきます。


画像にはありませんが、最後は180度で横一線になっちゃいました。アヴィ家のレベルではちょっと厳しかったです。

今回は服従を結構入れこんでみっちりやったせいか、アジでは電池切れでした。久しぶりのアヴィ’sクオリティ(笑)

バランス考えてトレーニングしようと思った今日この頃でした。
23:23  |  臭気選別トラの穴  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/29(Sun)

臭気選別 進歩なし?

事故後の病院通いや、風邪を引いたりした事や、運動不足解消の為BOWLING教室に行ってみたりして
チョ~ッと忙しかったavi'spapaです。
その間、法事もあったりして余り構ってやっていないにも拘らず、アヴィさん至って元気です。マイペースです。
        IMGP2262_1.jpg

そんなアヴィ家の今月のトレーニングはなんと1回行っただけでした。

そのトレーニングでは先生の助手(?)を勤めて
     

その後脚側の精度を上げる練習。  なかなか精度が上がりませんが、少しずつ々々です

トレーニングの仕上げは、今日も臭気選別です。

一つだけいつもと違う事が・・・
それは、本日の臭気選別のハンドラーはくららさん♪
先生から“どちらがハンドラーでも出来なければいけませんよ”と言われまして、初挑戦となりました。

中々どうして、様になっていました。

   
アヴィがズルして先生の手元を盗み見ているのが笑えます。

23:38  |  臭気選別トラの穴  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2011.04/04(Mon)

臭気選別Ⅱ

先週の良い出来に調子に乗って、早速の臭気選別トレ第二弾です。

その前に脚側を楽しくチェックです。

最近、脚側行進中にアイコンタクトをとれる時間が長くなってきました。                                   
                                      IMGP1999s.jpg

       IMGP1998s.jpg  結構楽しそうに見上げてくれます。こういう脚側がやりたかったんですよね~(笑)

さて、臭気選別。



今日は、本番並みのトラップの数でのトレーニングです。本番では本物品の他に4つのトラップを使います。

ただし、距離は2~3mで行ってます(本番は10m)。

正直、隠れた才能が開花かとニヤケました。

先生がわざと別の場所を突っついてフェイント掛けます。が、完全に匂いを嗅ぎ分けて持って来ました。

動画は他にも三つ四つありましたが、これが一番良く分かります。

アヴィの出来が信じられないくららさん、カメラの画面から目線を切って何度も直に確認したそうです。

当の本犬、他のトレーニングと何も変わらない態度でご褒美のチーズボールを嬉しそうにパクついてました。


これはもう他人臭選別までトレーニングしてしまうしかないでしょう?!と思う親馬鹿なのでした。
23:28  |  臭気選別トラの穴  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
2011.03/28(Mon)

臭気選別Ⅰ

さて、何をIMGP1959s.jpg
やってるのでしょう?

“何撮ってんだよ!?”とでも言いたそうな目つきIMGP1960s.jpg

                      まぁ、タイトルどおりの臭気選別なんですけどね(笑)IMGP1961s.jpg

JKCのオビディエンスやBHもありかも。と思いましたが、鼻の使い方が下手なアヴィの次なる挑戦はやっぱ臭気選別でしょう(笑)

アヴィは匂いをとるのがなぜか苦手な犬です。以前ロコちゃんと隠されたオヤツを探して食べるゲームをやらせたところ、全敗で全くオヤツを食べられなかった事があるほどです。

だからこその臭気選別です。鼻を使う事を覚える為です。これで脳への刺激が又増えます。アンチエイジングです。

10~15cm四方のガーゼ等の布に匂いをつけて、全く匂いをつけていない別の布と混在させて匂いのついた布を選んで持って来る。簡単に言うとこうです。自分(指導主=ハンドラー)の匂いで行うレベルと他人の匂いで行う更に難しいレベルがあるそうです。自分の匂いは“自臭”といいます。まぁ当たり前ですね(笑)



アヴィは“自臭”から訓練開始です。先ずは、一枚だけ。


これは物品時来と何も変わりません。なので問題無しに出来ました。

トラップ布を一枚追加。


ここで飼い主にとって嬉しい誤算がありました。間違いなく匂いを確認して正解の一枚を持ってきました。
チョッと驚き

そこでトラップを二枚にしてもう一度。


これも確認して匂いがする一枚をしっかりと咥えて持って来ました。

そこで、調子に乗ってハンドラーと犬は布がセットされる間は背を向けてもう一度。

成功!

嬉しい、嬉しい誤算でしたトレーニングを続ける励みにもなります。
まだまだ、アヴィのオビディエンスは続きそうです。“おびこぎ”ですからネ。

アヴィのボケ防止のつもりでオビディエンスを始めたので競技会は楽しめれば良いや♪と言うアヴィ家のスタンスはそのままで何をするか?

考えた末に辿り着いたのが臭気選別でした。思っていたより楽しいトレーニングになりそうです
21:17  |  臭気選別トラの穴  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。